アラサー女子SHUの人生アゲてくブログ

都内勤務のオフィスレディ。アラサーで陥った人生で一番深い谷間から、頂上目指して旅する記録

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち13日目

こんにちは、SHUです。

本日は体調が優れない一日でした…
私は自律神経が乱れやすいので、連日の暑さや寒暖差に体がついていけてないみたいです。

そんな本日のランチはまたしてもメインがグルテン食だったので食しませんでした。

すると夕方、ひどい低血糖の症状に襲われました。
イライラ、体の異常なダルさ、甘いものへの欲求…なかなか辛かったです。

しかしぐっと気合いをいれてなんとか白砂糖フリー、グルテンフリーの代替えお菓子を選んで食し、なんとか乗り切りました。

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ちを続けていけば、この低血糖症も改善されていくのでしょうか。これからの変化に期待です。

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち12日目

こんにちは、SHUです。
 
すっかり疲れにくくなりました。始めた頃に比べると本当に。
 
甘いもの食べたい欲もコントロールできるようになりました。あのいてもたってもいられない衝動はなんだったのか。
 
きっと続ければ続けただけ良い変化が表れるのでしょう。
 
本日はカフェインフリーのお話をしたいと思います。
私はそれはもうカフェイン入りの飲食物が大好物でした。
コーヒーは一日に4、5杯。(そこに白砂糖をスプーン2杯)
栄養ドリンク常備。
チョコレート大好き!!!
当時はカフェインの摂りすぎによる害なんて全く知らなくて。
「カフェインは体を元気にするものだ!!」と思って制限するなんてこと考えもしなかったんですね。
27歳のとある日、もう人生やめたくなるほどの鬱症状に襲われました。あんなに落ち込んであんなに泣いてあんなに暗く悲しい気持ちになったのは生まれて初めて。
そしてそこで、私は運よく、知人に教えてもらったんです。
「それ、カフェインの摂りすぎじゃない?」って。
それから一切のカフェインを断ちました。初めの3日間はひどい、それはもうひどい頭痛が止まらなくて、嘔吐もしてました。離脱症状というやつでしょうかね。
でもそこを超えたら、驚くことに体と心が少し軽くなってる。それから日が経つごとにどんどん身体の調子が上がってくるんです。そしてしばらくして穏やかで落ち着いた精神を取り戻しました。
 
自分で体験したから自信をもって言えます。
カフェイン断ちの効果はすごい。
 
私にとってカフェイン断ちは、白砂糖断ちやグルテン断ちよりも辛くはなかったのです。今はおいしいカフェインレスコーヒーがいくらでも売っていますからね。近所のイオンでもドトールコーヒーでも買えます。
 
カフェインで元気の前借をしても、その反動は後から倍以上になって返ってきます。
「今頑張れれば、後はどうでもいい」なんてもったいないこと言わないで、一瞬一瞬楽しむために、その時やれるだけのことをやればいいと思うのです。カフェインを摂らなきゃ頑張れないのなら、それは貴方のキャパシティをオーバーしているということです。そんなに自分を駆り立てないで、もっと大切にしてあげたいですね。

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち11日目

こんにちは、SHUです。
 
本日は一日のお休みでお家でまったり過ごしました。
 
排卵日前後ということもあり、甘いもの食べたい欲が時々沸き起こってくるのですが、それも代替えお菓子でなんなく乗り越えられました。
 
ただ、私はこの排卵日前後に自律神経がもっとも乱れるらしく、メンタルが揺らいで落ち着かないことが多いんですね。
そういうところは今後、改善されていくといいなぁと期待を持っています。
 
 
それから本日は米粉パンケーキを作ってみました。
 
私は本来パンが大好きなので、たまには自分に食べさせてあげたいのです。
 
お砂糖はビート糖(てんさい糖)を使用しています。
 
てんさい糖はミネラルが豊富に含まれており、なおかつ血糖値が上がりにくいので、白砂糖の代替えとして使われることが多いそうです。
 
こうして自分の欲求と向き合い、自分にご褒美をあげながら、良い習慣をどんどん身につけていきたいと思います。

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち10日目

こんにちは、SHUです。

本日は欲求コントロールが難しい日でした…!

なぜならちょうど排卵日だから。

ホルモンバランスが急激に変化する時ですね。
この時の自分コントロールはとても難しいのです。

それでも、カフェインとグルテンは摂取しませんでした。砂糖も食事に含まれているもの以外はとらなかった…はず。
いや、ほんの少しだけお酒をいただいてしまっただけ…です。それからナッツとグルテンフリーお菓子をモリモリ…ようやく欲がおさまってきたので、代替えお菓子に感謝です。

このグルテンフリー生活を始めて驚いたことは意外な食品にも小麦粉が使われているということ。カレーとかシチューとか盲点でした。普段料理しないので…笑

明日にはホルモンバランスが整っていると良いのですが…

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち9日目

こんにちは、SHUです。

本日はまたしても朝ごはんがウィダーインゼリーになってしまいました…
でも忙しい朝、通勤しながらでも食べられるグルテンフリーの栄養食はウィダーンゼリーかソイジョイくらいなのです。
(私は大豆や卵、乳製品に遅延型アレルギーがあるのでソイジョイを食しません)

毎日でなければこういったものに頼ることもありだと思うのです。

しかし「まあ、いっか」という妥協の決断ではなく、それがその状況の自分にとってベストな選択だと確信をもって決断したいですね。

おにぎりにしてみる?
サラダを買って職場で食べようかな。
バナナなんてどうだろう。
ヨーグルトなら食べられそう。
などなど。

もう一人の自分ときちんと相談して、その時の時間的余裕や体調などを考えて選択したいものです。

…まあ、毎朝余裕を持って起きられれば問題ないのですが。


それから体調としてはやはり疲れにくくなったのは間違いない。身を持って実感してます。

あれだけダルくて動くのも億劫になるほどだったのに。
もちろん疲れないわけではなく、仕事を頑張れば頑張るほどちゃんと疲れるんだけど、それは納得できる程度の疲れなんです。

10日弱でも十分効果があります。

皆さんもぜひ一緒にはじめてみませんか?

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち8日目

こんにちは、SHUです。

低気圧だったせいかあまり体調がよくなかったです。

この日のランチはグルテンだったので、それを避けて食べました。とっても少なかった…笑

そのせいか夕方は低血糖症のような症状が出てしまい、辛かったです…あわててコンビニでナッツを購入して食し、なんとかお家までたどり着けました…

いずれはこの低血糖症も改善したいと思っています。

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち7日目

こんにちは、SHUです。

本日でチャレンジ1週間が経ちました。


開始前からの変化としては、

・慢性的な疲労感が少し軽減された

・膝の裏にあったアレルギーによる皮膚炎が劇的に改善した

・冷え症が改善した

・プチうつ症状の不安感と焦燥感が改善した

たった1週間でもこれだけの効果を実感しています。

これはもうやめられない笑

この先も続けていったらどう変わるのだろうとワクワクしています。


おいしそうなお菓子をみると、「わ、おいしそうだなぁ、食べたいなぁ」とほんのり思いはするのですが、さほど辛い思いをすることなく「ま、いいや」とスルーできてます。

どうして1週間続けられたのかなぁと考えてみると、ひとつ思い当たることとして、『記録をとり続ける』というのが効果的なのではないかと思っています。
私はブログという場で日々の体調や気持ちを記録していますが、ノートでもスマホのメモ機能でもなんでもいいと思います。
少しでもいい、一言でもいいので、その日の体調と気持ちを書いていく。

【例】
5/24 午後からの疲労感が昨日よりマシになってる。甘いもの食べたい欲をやり過ごすのは結構辛かった。

のように。
一言、二言でいいから。

「私は今日まで続けることができている。そして日々変化が起きている。」という実感が、継続することを後押ししてくれている。

そんなことを感じた1週間目でした。