アラサー女子SHUの人生アゲてくブログ

都内勤務のオフィスレディ。アラサーで陥った人生で一番深い谷間から、頂上目指して旅する記録

カフェイン断ち、白砂糖断ち、グルテン断ち12日目

こんにちは、SHUです。
 
すっかり疲れにくくなりました。始めた頃に比べると本当に。
 
甘いもの食べたい欲もコントロールできるようになりました。あのいてもたってもいられない衝動はなんだったのか。
 
きっと続ければ続けただけ良い変化が表れるのでしょう。
 
本日はカフェインフリーのお話をしたいと思います。
私はそれはもうカフェイン入りの飲食物が大好物でした。
コーヒーは一日に4、5杯。(そこに白砂糖をスプーン2杯)
栄養ドリンク常備。
チョコレート大好き!!!
当時はカフェインの摂りすぎによる害なんて全く知らなくて。
「カフェインは体を元気にするものだ!!」と思って制限するなんてこと考えもしなかったんですね。
27歳のとある日、もう人生やめたくなるほどの鬱症状に襲われました。あんなに落ち込んであんなに泣いてあんなに暗く悲しい気持ちになったのは生まれて初めて。
そしてそこで、私は運よく、知人に教えてもらったんです。
「それ、カフェインの摂りすぎじゃない?」って。
それから一切のカフェインを断ちました。初めの3日間はひどい、それはもうひどい頭痛が止まらなくて、嘔吐もしてました。離脱症状というやつでしょうかね。
でもそこを超えたら、驚くことに体と心が少し軽くなってる。それから日が経つごとにどんどん身体の調子が上がってくるんです。そしてしばらくして穏やかで落ち着いた精神を取り戻しました。
 
自分で体験したから自信をもって言えます。
カフェイン断ちの効果はすごい。
 
私にとってカフェイン断ちは、白砂糖断ちやグルテン断ちよりも辛くはなかったのです。今はおいしいカフェインレスコーヒーがいくらでも売っていますからね。近所のイオンでもドトールコーヒーでも買えます。
 
カフェインで元気の前借をしても、その反動は後から倍以上になって返ってきます。
「今頑張れれば、後はどうでもいい」なんてもったいないこと言わないで、一瞬一瞬楽しむために、その時やれるだけのことをやればいいと思うのです。カフェインを摂らなきゃ頑張れないのなら、それは貴方のキャパシティをオーバーしているということです。そんなに自分を駆り立てないで、もっと大切にしてあげたいですね。